Sauter(ソッテ) - みよし市のダンス教室 -

「ソッテ」はフランス語でジャンプの意味。ダンススタジオ「ソッテ」で新たな一歩を踏み出してみませんか。

ジャズ ダンス

JAZZダンスとは

2017/02/24

IMG_6738

毎週水曜はみよし市でJAZZダンスを子供達に教えています!今いる生徒は小学生〜中学生。
JAZZダンス歴は長くて1年ちょっと。

短い子だとまだ数回ほど。
よくJAZZダンスって何??
と聞かれるのですが、一言で説明するのとっても難しいんですよね。

今、ダンスのジャンルって細かくてたーくさんありますし、インストラクターによっても全然違うので、一言でコレ!とは言い切れないのです。
なので、今回はわたしが教えるJAZZダンスはこんな感じ!というのを紹介したいと思います。

岩田まどかのJAZZダンス↓↓

①基本はバレエ!

バレエのようにしなやかで、軸がしっかりしていること。そして指先や足先もキレイであることが基本です。レッスン内のウォーミングアップでもバレエの動きをしっかり取り入れています。

②しなやかさと力強さ

バレエのしなやかさと、それだけではなく力強さも必要です。ピタッと動きを止めたり、速く手や足を出したり、瞬発力やパワーのある動きも必要です。筋トレやアイソレーションで身につけていきます。

③リズム感

ダンスですのでもちろんリズム感も大切です。スローな曲ではヒップホップのようにリズムを取りませんが、どんな曲を踊っても音楽と動きがリンクしていないと意味がないですよね!毎回ではないですが、レッスン内ではリズム取りをします。

④ひねり

ただ直立するだけではなく角度をつけてウェストをひねったり、ただ真っ直ぐ歩くのではなくて体をひねりながら歩いたり。言葉で説明するのは少し難しいのですが、JAZZダンスはひねりが多いです。JAZZダンスの基本的なステップやニュアンスを取り入れた動きも練習します!

ざっとこんな感じでしょうか...

お気付きかもしれませんが、

JAZZダンスと言ってもJAZZの曲を必ず使うというわけではありません!

もちろんJAZZの曲でも踊ります(^^)

バラードだったり、リズムのある曲だったり、邦楽だったり洋楽だったり...様々な曲で踊ります!
JAZZダンスでは色んな音楽や気持ちを表現出来ると思っています。
一曲一曲、見てる人に伝えたい事や表現したい事を明確にして説明し、生徒たちにはそれぞれ自分の中で消化して表現してもらう。
例え子供のクラスだとしても、ここはきちんと伝えます(^^)
そうすると、みんなも一人一人考えて違った表情をするんですよね〜
それがまた面白いです!

私も、もっともっと表現の幅を広げていきたいです。
頑張ります!

皆さんも是非JAZZダンスの楽しさを体験してみませんか♪♪

レッスンの予約、要望、質問、お問い合わせなどは下記からよろしくお願いします!

Facebook↓↓
岩田まどかのFacebookページ

LINE↓↓
友だち追加

LINE@ID↓↓
@madoka.dance

Instagram↓↓
http://instagram.com/madopooh.78

メール↓↓
madokadance.78@gmail.com

-ジャズ, ダンス
-